投与するタイミング

部屋の隅の猫

カルドメックは犬フィラリアを予防・駆除する医薬品として認知されています。基本的には専門の獣医師による処方の元でカルドメックを投与していく事になりますが、必ず獣医師の指示を守って予防していくようにして下さい。カルドメックは投与するタイミングが重要で、犬の体内に侵入した犬フィラリアの成長度合いによって薬の効果が変わるという特徴があります。カルドメックが一番効果的なのは犬フィラリアが幼虫と成虫の間である「移行幼虫」という時期で、そのタイミングを狙うのがカルドメックの一般的な投与時期なのです。地域によって蚊の出現時期は異なりますが、愛犬が生活している地域に蚊が出始めてから約一ヶ月後にカルドメック投与するのが基本とされています。その後は、一ヶ月おきの定期的な投与を続けていくのがカルドメック予防の流れとなるのです。こういった情報は専門の獣医師だけでなく、インターネットでもいくらか情報収集する事が可能です。とはいえ中には信頼性の低い情報もありますから、最終的には評判良い獣医師の治療に従う事が無難だと言えるでしょう。ペットの医療行為に健康保険は適用されませんので、犬フィラリア予防には大きなお金が必要となります。もちろん必ず感染するわけではないので慎重に判断していく必要がありますが、お金が高いからこその信頼というのも事実としてある事を覚えておいて下さい。安いからといって怪しい医療行為に素人が手を出すと、結局お金以上の損失を負ってしまう事にもなりかねないのです。