信頼できる獣医師の診察

離れて行く2匹の猫

人間向けの医者と同じで、獣医師にも良し悪しがあります。すべての獣医師が思いやりのある人なら良いのですが、中では昨今のペットブームに便乗して荒稼ぎしたいだけの商売人もいるので気をつけておきましょう。商売人でも腕が良くてアフターケアが万全なら問題ありませんが、なかなかそういうケースは少ないのも事実です。簡単な治療を大げさに診断して、不必要な薬や治療方法を上乗せして稼ごうとする動物病院だけは間違っても大事なペットを預けないようにして下さい。カルドメックによる犬フィラリア予防は、必ず誠実で信頼できる獣医師にやってもらうようにしましょう。きちんと血液検査をせずに投与するとショック症状など危険な副作用を誘発させるカルドメックですので、行動に責任の持てるまともな獣医師に診察してもらうようにしましょう。カルドメックによる医療行為は高くつくと思いますが、大切な愛犬の健康が守られるのであれば妥当な金額だと思います。カルドメックは輸入品を個人使用する分には法律上問題ありませんが、人に渡したり日本国内で勝手に売買すると処罰の対象となりますので、医師でもないのにカルドメックを売りつけてくる人には絶対に関わらないようにしておきましょう。どちらにしろ愛犬を粗悪な医薬品で失ってしまったとしても、賠償請求など無念を晴らす事は現状無理です。最悪な結果になって後悔しないためにも、必ず信頼できる医療機関での犬フィラリア対策をしていくようにしましょうね。